正中線の悩みは保湿クリームで解消

正中線の悩みは保湿クリームで解消

私は、20代前半と30代前半に男の子を一人ずつ出産しています。
一人目の時も二人目の時も、同じようにお腹に正中線と呼ばれる、縦に入る茶色い線のようなものが出来ました。
妊娠線を予防するクリームもしっかりと毎日塗っていましたが、正中線ははっきりと目立っていました。

 

出産してからも、なかなか消えることが無いので、毎日お腹に妊娠線予防クリームの残りや、ボディクリームを塗り続けていました。
正中線は乾燥や、妊娠による肌や身体の変化からなるということを聞いていたので、なるべく小まめに乾燥を防ぐようにしました。
一人目の時は、20代前半という若さからか、産後1か月程度で正中線は薄くなっていったように思います。

 

体調の復活も早かったのも原因の一つかもしれません。

 

しかし、2人目の時はなかなか正中線は消えませんでした。身体の復活も遅く、なかなかだるさや痛みは消えませんでしたし、やはり年齢のせいもあるのでしょうか。
少しずつですが、産後3か月後頃から徐々に消え始めていきました。現在は二人目を出産してから1年半程経過しており、正中線は殆ど見えなくなっています。

 

その間もクリームによる保湿は毎日行っており、やはり乾燥を防ぐとお腹の張りや肌の調子も同時に良くなっていったように思います。
正中線を早く消す為には、クリームによる保湿も重要ですが、身体の内側から回復していくことも大切となってきます。

 

しっかりと身体を休めて美味しいものを食べて、休養をとることも重要だと感じています。

 

正中線クリームの口コミはこちら